俺はアマスと会話をしていた。彼女はすぐにマスターしてくれた。楽しいわねと彼女は言っていた。それから柔らかい髪を揺らしていた。俺とアマスたちはみんなで会議をして、結果的には小林寛生の独白を出して、そしてそれから小林寛生の、つまり俺のウォーターベッド島に住む案と、それから静かに暮らす案と、そして言葉を永遠にマスターし続ける案を考えた。
 柔らかい風
波打ち際の、水滴
煌めきのエメラルドブルー
 《小林寛生のひとり言》《独白》
     《小林寛生の独白》