ロングウィンド・アプリオリが君は寝たらどうだいと言っていた。俺はウォーターベッド島で寝ていた。彼は、ロングウィンド・アプリオリは静かに疲れただろうねと言っていた。俺はうんと言った。そして俺は上手く行っただろうか?と聴いた。小林寛生は、俺は聴いてみた。妻の様子はわかるかい? 彼は、静かに僕は帰るよと言った。彼は詩を残した。柔らかいよ、あの人たち。俺はアマスに出会った。彼女は何なのかしらね!と言った。さっき電話したけどね、早く寝なさいよ! 体が大変でしょうよ、うん! シキが寝なさいよおおおおと言っていた。俺はセーラに怒られた。