俺は聴いていたよ、うう。
 流れていたよ、ああ
輝いていたよ、うん
そして、ああ、流れてな、うう
 《小林寛生の気持ち》