俺はウォーターベッド島で暮らしていた。優しい風が吹いた。イーが一人で久しぶりにやってきた。パーフェクト・ボディ・イーはおおと言った。俺は彼と笑顔で肩を叩き合った。よかった! 彼はさっそく情報を言うと、私は寛生氏の力に助けられたのだと言って、それからエビのサラダを食べて、楽しそうに上手く行ったなあと言っていた。彼はアンのことを言っていた。私はアンの食べ物の癖を知るのに3年もかかったよ! 俺はそうなのかあと言った。ううん、俺はイーが頑張ったことがわかるよ。ただ聴けばいいものでも無いか、、、そうか。そうなのだ、そうなのだと彼は言った。私はアンの食べ方を知ることが必要だったのだ! それで肉体の相性を合わせなければならなかった。だって私は彼女と結婚したいじゃないか! 俺は深入りは無用だと思った。彼は静かに寛生氏にはわからない肉体の細かさの苦労が昔はあったのだ、うむ。俺としては、小林寛生としてはイーの情熱に少し戸惑った。だがそれが彼のこの成功に秘められていると知って、やはり少々怖くなった。だが彼は成功した。俺も成功しようと思った。そして小林寛生としては、俺としてはイーの筋肉の努力を少し見てみようと思った。結果はオールオッケーだった。最初アンの筋肉量と合っていなかっただけだ。それだけだったか、よかった。俺は静かに俺は頑張ってみるよと言った。それからイーが私はそなたの筋肉にいつも驚くよと言っていた。俺は嬉しかった。
 言葉
 未来
 過去
 現在
 言葉
 《知性の滴》《知性の銀滴》