俺は、小林寛生はリラックスをしていた。リラックス技術を持っているから、行動がリラックスしている。そして力を入れれば、リラックスした状態で力を使うことが出来る。俺は友人であるイーに聴いたが、どうやら彼らはさらなる高みを目指すという言葉が嫌いらしい。俺はそうかと思った。俺もちょっと思った。そして柔らかく力を出したいと思っていた。そして肌感覚を持ちたいと思っていた。最近はそれで悩んでいた。この域に来ての悩みはすぐに解消されるようである、うん。
 肌感覚が柔らかで温かい
優しい気持ちで生きていたい
そしてベッドで静かに眠る波打ち際
 《肌感覚》《安全性の担保》《安心の担保》