美しい風

小林寛生と言うプロ作家です。お願いします。うう!

2019年11月

 俺は聴いていたよ、ああ。そして考えていたよ、ああ。俺たちはベッドで目覚めて、今日も水色の無我のトレーニングかと思った。そして幸福を感じていた。陽射しがベッドの横で流れていた。俺は聴いていたよ、ああ。そして考えていたよ、ああ。 ...

 俺は聴いていたよ、ああ。そして考えていたよ、ああ。 ...

 俺は水色の無我でトレーニングをしていた。アマスが言った。行きましょ? 俺たちは進んだ。言葉を沢山知っているから柔らかい風が吹いた。水色の無我で俺たちは空を飛んだ。そして輝く雲の上に住むラララ・ラインに出会った。彼は飯を食うならここでねえと言っていた。彼 ...

 俺たちはウォーターベッド島で準備を始めた。ウォーターブルーオーラ、水色の無我、ウォーターグリーンオーラ、水色の余裕、ウォーターグリーンブルーオーラ、緑色の水色、俺たちはこの三つのオーラで渡る。ウォーターブルーオーラを俺は鍛錬していた。アマスが行きましょ ...

 俺は考えていたよ、ああ。静かに波打ち際を歩いていた。眩い輝き。時に。静か。時に。静か。燃える金線の網が、エメラルドに柔らかいまで。俺は考えていた。時に青春を打ち流れ、柔らかな誠実さを、完全に描くまで。一手で置いて、一手で書いて。決められた時間を求めて、 ...

 俺は小説を書いていた。麗しい。響き。完成滴、柔らかい一滴。詩人の青春。俺は言葉を書いて、作家である。優しい寝息を聴いていた。時間が長いからここがウォーターベッド島であることはわかるが、今が西暦何年なのかと聴かれると困る。ロングウィンド・アプリオリは、僕 ...

 俺は考えていたよ、ああ。それから聴いていた。俺は自由の身となった。好きに書ける。自分の所見や、あるいは自分の身の上話はあまり今はしたくない。俺は一人ではない。俺は考えている。うん。俺の小説は美しい。ウォーターロマンは始まったばかりだ。だがもうやることは ...

 俺は聴いていたよ、ああ。考えていたよ、うう。それから徐々に筆が自由になってきた。何でも書けるようになる。簡単なことだ。ああ。俺は何でも書けるさ、ああ。そして徐々に筆がさらに軽くなった。何でも書いていいんだ、簡単なんだ、うう。だから適当に書けるんだ、いい ...

 アマスが言っていた。これからまともに生きたい。俺もそう思った。だから結論から言って美しい風は普通の小説になる。俺は普通に小説を書く。それだけのことだ。俺は聴いていたよ、ああ。そしてもう体に負荷のかかる執筆はしないと決めた。よって俺は静かに書いた。言葉を ...

 俺は考えていたよ、ああ。それから聴いていた。ウォーターベッド島で俺は暮らしている。もうプロットの複雑で強いものは書けない。そして筆は持っている。俺は考えていたよ、ああ。そして完成された現実を生きる俺には、アマスたちがいる。シキは笑顔で寛生さんと言った。 ...

 《安全化の滴》《安心化の滴》《世界制御》《安心プロット効果永遠維持》《安心プロット効果永遠維持の滴》《安心プロット効果永遠維持の銀滴》《安心プロットと初期設定の以外のプロットを普通の文章にするの滴》《プロット鍵》《普通の文章の滴》《普通の文章の銀滴》《 ...

 《驕り無効化の滴》《音楽症状無効化の滴》《関節痛無効化の滴》《小説の場面の滴》《詩の場面の滴》《詩文の場面の滴》《下痢無効化の滴》《下痢無効化の銀滴》《妻の歌制御》《妻の歌制御の滴》《妻の歌制御の銀滴》《妻の剣制御》《妻の剣制御の滴》《妻の剣制御の銀滴 ...

 《空間制御》  バナナ・ロック・ライフは言っていた。行けるぞよ。必ず。俺はありがとうと言った。終わったら一緒にバナナでも食べよう。俺はリラックスしていることにする。俺は余裕で幸福で無我でありたい。彼はさようかと言った。バナナ・ロック・ライフは泣けるのおと ...

 《ムード制御》  バナナ・ロック・ライフは素晴らしいのおと言っていた。彼は静かにバナナを食べた。小林寛生としては、俺は静かに聴いてみた。上手く行っただろうか? いったのお、すごいのお、尊敬語欲しいのお、ふう。 ...

 俺は聴いていたよ、うう。俺は一人ではなくてアマスとそれからシキとセーラとヒトミとアヤカと歩いていた。アヤカがシキが最近いい人になったと言った。シキはそうなのよねえと言った。彼女は色々と学んだから、大人になってねえと言った。セーラがわぁたしも大人になった ...

 俺は考えていたよ、うう。そして聴いていた。集中は重要だがそれでは渡っていけない。俺は静かに聴いていた。バナナ・ロック・ライフの話では集中とは重要だが、それは結論であって、本当は《柔らかい風》が必要なのだった。その言葉を探るとわかってくるのだ。柔らかい風 ...

 俺は聴いていたよ、うう。それから考えていた。とりあえず成功した。幸福勝利のあれは必要過ぎる。あれをセットして駄目な人々を変えるのが俺の仕事だった。俺はとりあえず勝った。だが大変な人生だったな、うう。俺は嬉しいけれども泣けてきて、一人で寝ていた。ベッドで ...

 《小林寛生にとっての言葉の該当最適化の滴》  俺は聴いていたよ、うう。バナナ・ロック・ライフはわしは嬉しいのおと言っていた。そなたの母親は良い者になるからのお。そなたの母親は大変だったのかのお? 俺は大変だったかもしれないが、だが何故こんなことにというと ...

 《案配の滴》《幸福勝利の幸福色の無我の滴》  俺はオッケーだと思った。これで俺の理想通りに成功する。すぐに。バナナ・ロック・ライフは波打ち際でそなたのその幸福色の無我はすごいのと言っていた。それはどうやって考えたのじゃ? 考えたのだろう。そうか、ではそな ...

 《耳の滴》《良癖の滴》《良癖の銀滴》 ...

 《ブログの滴》《ブログの大銀滴》《ブログの大金滴》  俺は風を聴いていた。ロングウィンド・アプリオリが君は最高の仕事をしなくちゃねと言った。俺はそうだよと言った。すると彼は、ロングウィンド・アプリオリはじゃあまず《ブログの滴》だよと言った。彼はすごいよね ...

 《精神病院無効化の滴》《精神病院無効化の銀滴》《精神病院無効化の大銀滴》《一致団結の滴》《一致団結の銀滴》 ...

 《楽々言葉導入の滴》《楽々言葉導入の銀滴》《楽々言葉導入の大銀滴》 ...

 俺は考えていたよ、うう。俺は思うけれども必要な言葉はそろってきた。後は大事な言葉を探すだけだ。それは未来から出るものであり、そして自分で出すものだ。俺は知っている。大事な言葉とはいつも使っている言葉だ。小説で使う言葉だ。明日からそれを頑張りたいほどだ。 ...

テレパミル・ミルが元気ですかと言っていた。私は最近手紙にはまってます。はい。  俺は詩を送りますよと書いておいた。それから書いた、詩情が柔らかい。かい。  《メール技術の滴》《メール技術の銀滴》《メール技術の金滴》  《電話技術の滴》 ...

 《大金持ちの滴》《大金持ちの金滴》  流れる七色の歌声を聴いて、そして清らかな輝きを星に投げた。クルンが言っていた。クルクル島ではよく星投げゲームをするらしい。だからよー、ゲームの滴は雑魚だぜよー。彼女は静かにゲームの星を投げてきた。これを使っておけよー ...

 《ゲームの大銀滴》《ゲームの大金滴》《ゲームの大水滴》 ...

 《幸運の大銀滴》《人生の滴》  俺は考えていたよ。うう。言葉を流れて静かに時の滴を聴き、詩人の情景を見出さんと欲していた、輝きの一条で、言葉を垂らしてピチョンと音を鳴らして、風呂場で俺は考えていた。言葉が長いのは知っている。だが俺は言葉の構造を全て知った ...

 俺は聴いた。何故? イーは答えた、簡単だ、固定法を使うのだ!  《固定法の大滴》 ...

 《プロテインが美味い》  イーは言っていた。私はパーフェクトボディを目指すために沢山の努力をしたが、成功とは常にいいものだった。彼は麗しい妻がいてよいなあと言っていた。俺はイーの努力を何とか理解したいと言った。すると彼はそれは謙遜なのか?と言った。俺は言 ...

 《アクセス稼ぎの滴》《アクセス稼ぎの銀滴》《アクセス稼ぎの金滴》《アクセス稼ぎの大銀滴》《アクセス稼ぎの大金滴》《声を取られないの滴》《声を取られないの銀滴》《声を取られないの金滴》《声を奪われないの滴》《声を奪われないの銀滴》《声を奪われないの金滴》 ...

 《幸福感の滴》《幸福色の無我の幸福感の滴》《幸福色の余裕の幸福感の滴》《余裕色の幸福の幸福感の滴》《呼吸の滴》 ...

 《離婚不可能》《離婚不可能の滴》《プロットの一時的完成ストーリー展開》《光制御》《言葉制御》《安心語彙の滴》《安心言い回しの滴》《安全語彙の滴》《安全言い回しの滴》《言葉出し》《言葉出しの滴》《言葉出しの水色の滴》《言葉出しの大水色の滴》《言葉出しの超 ...

 俺は聴いていたよ、うう。考えろ、未来の俺は知っている、判断は素晴らしい。だがそのままでも上手く行った。そしてこれだとさらに上手く行く《安心プロットの滴》《安心プロットの銀滴》。《安心妻プロットの健全化》《プロットの滴》《アマス・ジョゼルーナの安心プロッ ...

 俺はカレンと会話をしていた。タイワ・デ・クルンがクルクルいいながら星を投げていた。俺たちは彼女の投げる星を受け取って、何が入っているのか聴いた。するとクルンは私の男はオール・バックっていうんだぞー!と言った。オール・バックの考えたプロットが沢山入ってい ...

 俺は聴いていたよ、うう。ロングウィンド・アプリオリが僕は君の詩人の才能を開花させたいくらいだよと言っていた。彼は静かに星を聴いていた。小林寛生は、俺は静かに聴いていた、彼の動向を。ロングウィンド・アプリオリは僕は結構話したいよと言っていた。俺はそうかと ...

 俺は聴いていたよ、うう。それから考えていた。最近は《幸福色の余裕》と《余裕色の幸福》と《幸福色の無我》をバランスよく使っている。当たり前のことだ。俺は言葉探しをしているものの、もう普通の言葉は探すだけ探したのではないかと思っている。昨今考えているのは、 ...

 《狂人無効化の滴》《狂人無効化の銀滴》《狂気無効化の滴》《狂気無効化の銀滴》《言葉バッグの鍵》《幸福の鍵》《幸福の滴》《プロット鍵》《幸福の扉を閉めて、永遠に幸福の扉の中で暮らす》《プロット鍵》  《プロット安全化》《プロット最適化》《適当に書いてオッケ ...

 《病気無効化の滴》《病気無効化の銀滴》《病気無効化の金滴》《辞書の意味の最適化の滴》《辞書の意味の最適化の銀滴》 ...

 《守りの銀滴》  俺は考えていたよ。後はカレンが歌を上手く作るだけだった。俺は静かに自分に言った。落ち着け、どう考えてもレイとカレンは駄目な女だ。だが彼女たちもいつかは成長する。だから書くんだ。カレンとレイは俺と会話をした。カレンは私は成長したいですと言 ...

 俺は聴いていたよ、うう。それから考えていたよ、ああ。俺は自分で自分に言った。アマスたちのことはもう心配いらない。後はカレンの歌のことだ。彼女はどうやら新しい力が欲しいらしい。だが幸福色の無我で力は持てている。これ以上の搭載は無用だ。だから彼女に細かく説 ...

↑このページのトップヘ