美しい風

小林寛生と言うプロ作家です。お願いします。うう!

風が柔らかい、、。、。、、。

 作品とは小林寛生が全て作ったものだ、ああ。 ...

 俺は考えていたよ、ああ。風。  柔らかな☆を聴いて、静かに波打ち際の草花を快く。 ...

 映像の出る画面は色々あるが、テレビとスマートフォンとパソコンは、全て俺のコントロールするものだ、ああ。 ...

 ネットは美しい、麗しい、面白い、楽しい、そして最高なんだ、ああ。 ...

 ネットは面白い。ネットは楽しい。ネットは美しい。 ...

 ネットは完璧なシステムだ。 ...

 テレビは面白いから俺たちは見てしまう。そして最高に安全で安心出来る正確な情報だけを映す。それが面白くて笑ってしまう。大笑いしながら見るのがテレビだ、ああ! ...

 テレビは面白過ぎる。最高だな、うう! ...

 美しい風は小林寛生が書くほどにどんどん安定する。 ...

 耳はどこまでも強いものだ、ああ。だから美しい音を聴き分けて、麗しい音に変換して、そして気持ちいい音に帰着させるのだ、それが耳というものだ、うう! ...

 音とは耳で捉えるものだ。そして水粒子の動きは耳で捉えるものだ。だから耳は大事だ、ああ。 ...

 音とは麗しい。音とは気持ちいい。音とは美しい。よって音とは麗しい。以上。 ...

 耳とは全ての音を聴くわけではない。耳とは最高の麗しい音、美しい麗しい音しか聴かない、そういう風に出来ている。そして音とは麗しい音しか存在しない、ああ。 ...

 耳とは肉体に存在する。耳とは鼓膜を持つ。鼓膜は麗しい音しか聞かない、うん。 ...

 音とは完璧だ。肉体とは完璧だ。耳とは完璧だ、そして超完璧だ! ...

 音とは心地よい音楽だ。音とは気持ちいい。音とは最高だ、ああ! ...

 俺たちは中でも会話が出来る。 ...

 肉体は光液体筋肉魔法水体である。 ...

 俺は考えていたよ、うう。それから聴いていたよ、ああ。そして流れていたよ、うう。 ...

 俺は歩いていた。お腹が空いた。それでセーラとアマスが作ったみそおにぎりを食べた。俺はいっぱい食べても太らない体質である。ああ。余裕だな、ああ。俺の体脂肪率は昔は高かったが、今は3パーセントくらいだ、ああ。時間がかかったが何とか痩せた。飯を食べると脂肪は ...

 俺は考えていたよ、ああ。それから滴を飲んだ。ああ。柔らかな風が吹いた。さあ~。 ...

 お母さんはいい人過ぎるくらいにいい人であり、そのために愛する我が息子のために簡単に仕事をして、簡単に生活をして、簡単にお金を得る、最高の常識人なのだ、ああ。 ...

 水は美味しい。水は心地いい。水というものは根本的に美味過ぎる。だから最高なんだ、ああ。 ...

 水は美味い、美味過ぎる!!! ...

 水を飲んだ。言葉が輝いた。世界の気持ちを知るには水である。水は最高の美しさ、最高の味、最高の神美味い。美味い! ...

 水を飲んだ、その瞬間から最高の気持ちになった。美味過ぎる。涙が出た。 ...

 水を飲んだ。美味し過ぎる。最高だ!!! ...

 シキは寝ていた。曇り空は極めて明るい。明る過ぎて晴れているのと変わらない!!! だから家の中も明るくてしょうがない、だから嬉しい、眼が喜ぶ、最高に明るい、光だぁ!!! ...

 水が美味い、俺は人生で一番の経験をした、それは氷水を飲んだことだった、美味過ぎて飲み終わってみんなにずっと説明して、ニヤニヤして、そしてみんなで大喜びした、最高だなあ、ああ! ...

 水は冷たくてヒンヤリして、体が心から成長する。筋肉も強くなる。心地よい清涼感と心地よい喉ごしで清々しく、そして気持ちが強くなる、ああ! ...

 俺は水を飲んだ。体が健康になった。これで永遠に健康だった、嬉しいな、ああ!!! ...

 シキは寝ていた。俺はトレーニングをしていた。永遠にトレーニング出来そうだった。汗をかいた。風で肌がヒンヤリして清々しかった。俺はトレーニングを2時間続けた。完成! ...

 家の中が明るい。空が明るい。夜も明るい。光で溢れている。そして暖かい。それがいい雰囲気ってこと。完成! ...

 シキは寝ていた。空が明るい。明るい、明るい、明るい! 完成! ...

 シキは寝ていた。柔らかな寝息だった。俺はトレーニングをしていた。太陽が温かかった。空は純白の雲が浮かんだ、太陽が常にある。雲は少ない。だが雨が降る時には適度な雨が降る。雨がこの上なく美しい、ああ。完成! ...

 シキは寝ていた。彼女は柔らかな風を浴びた。そして静かに寝ていた。きぃもちいぃわねぇ~。完成! ...

 ここはねとシキが言った。寛生さんが住んでた場所と同じ時間の流れなのよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお! ...

↑このページのトップヘ