美しい風

小林寛生と言うプロ作家です。お願いします。うう!

風が柔らかい、、。、。、、。

 《悪い無効化の滴》《悪い無効化の銀滴》 ...

 《安心プロットは小林寛生しか書けない》《慣れの滴》《慣れの銀滴》 ...

 《納得の滴》《怒り無効化の滴》《怒り無効化の銀滴》 ...

 《言葉バッグの滴》  俺は聴いていたよ、うう。流れていたよ、ああ。そしてアマスとカレンが歌の練習をしていた。彼女たちはとりあえず気持ちはマスターしてきている。だが幾分カレンとレイが遅れている。バナナ・ロック・ライフはわしはあのレイという女性が幾分疲れての ...

 《作品判定の滴》《何が起きても美しい風は消えないの滴》《何が起きても美しい風の効果は消えないの滴》《精神力の滴》《連帯感の滴》《美しい風の力の制御》《考え通りの滴》《色々なことを安心して出来るの滴》《色々なことを安心して出来るの銀滴》《安心プロット以外 ...

 《悪夢無効化の滴》《悪夢無効化の銀滴》 ...

 《怪我無効化の滴》《怪我無効化の銀滴》 ...

 《妻への安全装置》《妻への安心装置》《妻への幸福装置》  アマスはありがとねと言っていた。それからこれで変なことをしなくなるわねと言った。私たちは何かとしてしまっていたからね。俺はああと言った。もう寝ようぜ。嫌だわ。俺は静かにベッドで寝ようとした。すると ...

 《色制御》《存在の滴》《幸福色の無我の滴》 ...

 《楽しいの滴》《楽しいの銀滴》《寒い無効化の滴》《寒い無効化の銀滴》 ...

 《気持ちが高ぶる無効化の滴》《気持ちが高ぶる無効化の銀滴》《人生難易度変更、楽ちんの滴》 ...

 《休息の滴》《休息の銀滴》《回復の滴》《回復の銀滴》  俺は考えていたよ、うう。それから聴いていたよ、うう。俺はレイと一緒に歩いていた。レイがあのと言って、流れる川を眺めた。川には沢山の綺麗な石ころが転がっていた。麗しい魚が沢山泳いでいた。ゆったりと時間 ...

 《気持ちオーラへの言葉の導入を楽にするの滴》《気持ちオーラへの言葉の導入を楽にするの銀滴》《辛い無効化の滴》《辛い無効化の銀滴》《苦しい無効化の滴》《苦しい無効化の銀滴》《頭痛無効化の滴》《頭痛無効化の銀滴》 ...

 アマスが帽子を被って、そして言っていた。私は最近暇過ぎるのよ。彼女は海辺の東屋でみんなでワイワイしていた。暇なわけがないと俺は思った。俺たちは今言葉探しをしている。言葉を探すには、みんなで考えて、そして俺が小説を書かなければならない。俺が小説を書くと言 ...

 《小説を書いても体に負荷がかかることがゼロの滴》 ...

 俺は書いていた。それから書斎にアマスがやってきた。彼女はまた仕事をしてるわけね?と聴いてきた。俺は違うと言っておいた。俺たちは小説を書くことはするが、だが今現に書いていた。そしてバナナ・ロック・ライフが歌っていた。柔らかい輝き、言葉、柔らかい輝き。俺は ...

 聴いていたよ、流れていたよ。それからアマスが海辺のココヤシを眺めて、セーラに言っていた。私たちは完璧にやるけどね。セーラとアマスは言っていた。そろそろ気持ちオーラがすごくなってきたと。スター・ダイアモンドと友達の妻たちは、みんなで言葉を探したいと言って ...

 俺は聴いていたよ、うう。流れる雲を聴いて、そしてアマスとカレンが会話をしていた。アマスは言った。これは問題ないでしょうよ。カレンがそう思いますと言った。カレンは眼鏡をしませんか?と俺にテレパシーで言った。俺は眼鏡をして、そしてそうだねと言った。アマスが ...

 《緊張無効化の滴》《緊張無効化の銀滴》 ...

 《精神の滴》《精神の銀滴》《ゴルフの滴》《ゴルフの銀滴》《サッカーの滴》《サッカーの銀滴》《陸上の滴》《陸上の銀滴》《運動の滴》 ...

 《気持ちオーラの滴》《気持ちオーラの銀滴》《気持ちオーラの金滴》《気持ちオーラの大金滴》  バナナ・ロック・ライフはわしはいいと思うのと言った。ロングウィンド・アプリオリが僕もいいと思うよと言った。俺は、小林寛生は静かにううと言っていた。 ...

 《疲れが気持ちいいの滴》《疲れが気持ちいいの銀滴》《気持ちいいの技術》  タイワ・デ・クルンがクルクル島からやってきた。彼女は美しい絶対領域を見せながら歩いていた。彼女がバナナを拾った瞬間に、彼女は思い出していた。昔出会ったリー・ラックスの面白さ。彼は言 ...

 《リラックス技術の滴》《リラックス技術の銀滴》  リー・ラックスとイーが会話をしていた。パーフェクト・ボディ・イーは私はリー・ラックス氏のリラックス法に感動しましたなと言った。リー・ラックスはさようと言った。そして彼は眼を閉じて、静かに呼吸した。可能です ...

 《音制御》  バナナ・ロック・ライフとロングウィンド・アプリオリが話していた。《気持ち技術》とは最高を超えた技術であり、それさえも超えてしまうらしい。  《気持ち技術の滴》 ...

 《脱糞無効化の滴》《脱糞無効化の銀滴》《失禁無効化の滴》《失禁無効化の銀滴》  俺はトイレに入っていた。今日はいいことがあるといいなと思っていた。ああ。 ...

 《妊娠無効化の滴》  アマスは抱き着いてアヤカと遊んでいた。俺はレイと一緒にバナナを食べていた。最近ウォーターベッド島は面白い。人々が沢山いるし、それから優しい人々が増えてきた。言葉も沢山見つかるし、たまにはみんなでピクニックに行きたくなったり、ドライブ ...

 《気持ちいいの滴》《気持ちいいの銀滴》《気持ちいいの金滴》  俺は考えていたよ、うう。アマスとレイがバナナを食べていた。俺たちは暇だった。最近のウォーターベッド島の様子は静かである。幸福の扉は広いから、その中で暮らしている。ここには選ばれた人々しか住めな ...

 《余裕色の幸福の滴》  俺は考えていたよ、うう。俺は自分で決めたりもするよ、うう。それからアマスがバナナ・ロック・ライフに聴いていた。彼はそうじゃなと言っていた。あの言葉の相補性は頑張ったからのお。わしはその二つを基本に生きおるからのお。いっぱいは作れん ...

 《小林寛生の筆の滴》《重複オッケー》《入れ込み》 ...

 《記憶力の滴》  俺は聴いていたよ、うう。それから考えていた、ああ。アマスが言っていた。自分の体調で書きたいことが変わるんだから、色々とやっておきなさいよ。俺はそうだなと言った。彼女はガンガンやりなさいよと言った。俺は駄目だよと言っておいた。そして今日は ...

 《執筆の自由化の滴》《執筆の自由化の銀滴》 ...

 《プロットガンガン》《混ぜる》《ストーリー展開》《全て思いつく》《機転の滴》《機転の銀滴》《閃きの滴》《ウィットの滴》《ウィットの銀滴》《全てに気づく》 ...

 《小説を思い通りに》  俺は聴いていたよ、うう。書いていたよ、うう。それだけさ、ああ。  優しい柔らかい風を聴いて 時に導かれた静かな滴の穏やかで心地よい、柔らかな風を聴いて 嬉しい美しい言葉を書いて、そして詩文で魅せて、言葉の流れで 解きほぐされた詩文の滴 ...

 《精神薬無効化の滴》《精神薬無効化の銀滴》《睡眠薬無効化の滴》  俺は聴いていたよ、ああ。流れていたよ、うう。小説の輝きを書いていたんだ、ああ。  柔らかい面白い風 楽しい麗しの輝き 滴の煌めきで、光輝の星屑ランラン  喜びと成功の水色    柔らかな風水色 ...

 《記憶の滴》  ロングウィンド・アプリオリは静かに僕は余裕って必要だと超思うけどねと言っていた。彼は静かに帰った。俺は一人で考えていた。記憶の神と呼ばれるほどの俺でも、彼の、ロングウィンド・アプリオリの言葉は深いと思う。  時の中 深い人生の瞬間瞬間を 俺 ...

 《幸福色の余裕の滴》  バナナ・ロック・ライフは余裕をつかさどることがあると言った。彼は静かにそうだと言った。俺は、小林寛生は静かに考えた。そしてまだあるだろうか?と聴いてみた。可能性は深いが、基本的には人々に人生を与えるためにある。それだけのことじゃよ ...

↑このページのトップヘ